• 運命学検証応用学会
  • 認定制度
  • 連絡先

運命学検証応用学会

現代の技術はクローンを作り出すことに成功していますが、自分とまったく同じ人間ははこの世の中に存在していません。 この世に生を受けたときから、ユニークな存在であるにも関わらず、多くの人は自分としてあることとは?と悩み続けます。 自分とは何者であるか?どう生きるべきか?と問い続けます。

世の中が複雑になった今、シンプルにそのこと答えを見つけるのは難しくなっていますが、この世に生をうけた瞬間を示す、生年月日時というものにその答えの一端があるのではないかと考えています。

実際に古くからの研究がなされてきました。その中で想像する以上に生年月日時が「その人らしさ」例えば、性格的なことから、育った環境、親との関係、なりやすい病気、適職、恋愛や結婚、子供の有無、長期的、短期的な運気の流れなどなど様々なことを知らせてくれます。それは推測…ではありますが、その推測を実際に起きている事象との検証を重ねることで精度をあげてきました。

いよいよ混沌とする現代にあって、行き当たりばったりの道や人と同じ道を進むのは、良い選択とは言えないでしょう。 生年月日時が示す自分にふさわしい道は人生を進む上での指針となるものであると確信しています。

ただ、多くの方にその指針を示すためには、狭い視野での検証ではなく、多くの事実を違った側面から検証し、証明していくことが不可欠だと考えます。

例えば、病気の傾向であれば、遺伝子研究の発達ですぐに検証することができます。 医学の世界から協力をいただくことで、発症のタイミングまで含めた検証を。経済の世界から協力頂くことで、経営者の運気の流れと業績の関連をより詳しく検証することができます。

このたび、学会として運命学の研究を発足させた目的はこのように運命学という閉鎖的な世界から飛び出し他の世界の専門家たちとのコラボレーションによって、この知恵を必要とする方たちに正しい形で伝えることです。

自然の中にはまだまだわからないことがたくさんあります。多くの科学者たちが、情熱をもって解明してきたように、私たちも「生年月日時」の可能性、その人がその時にこの世の中に生まれ落ちた意味について、解明したいという強い情熱をもっています。

このような会を立ち上げるのも、きっと「今」に意味があるはずです。
自分の可能性を素直に信じられなくなっている「今」の時代に求められていると信じながら…皆様のお力とご縁を頂きながら進んでまいりたいと思います。

八門会は八門塾の商標登録です。